本文へ移動
その人らしさを大切に
~みんなの笑顔のために~
 
 
その人らしさを大切に
     ~みんなの笑顔のために~
山口県社会福祉事業団事務局では県民の皆さまの福祉増進に向けて、
その人らしさを大切にの基本理念の基、質の高いサービスの提供を
目指したさまざまな取り組みをおこなっています。
その人らしさを大切に
     ~みんなの笑顔のために~
山口県社会福祉事業団事務局では県民の皆さまの福祉増進に向けて、
その人らしさを大切にの基本理念の基、質の高いサービスの提供を
目指したさまざまな取り組みをおこなっています。

社会福祉事業団のトピックス

本部階層別研修~中堅職員研修を開催しました
2019-09-09
 9月3日(火)に各施設の職員の参加を得て、中堅職員研修を開催しました。
 
 午前中は「第3次中期経営計画」の概要について、事務局経営課長から説明があったほか、先輩職員2名に体験発表を行ってもらいました。
 先輩の体験発表では、「軍手」を使った演習で福祉職の役割を再確認したり、色々なスタッフが一緒に働く上で「いいネ!」いいね(手のひらが手前)の気持ちを大切にしようという話がありました。先輩職員の温かいエールに背中を押された参加者も多かったのではないでしょうか。
 体験談の後の意見交換では、参加者同士、中堅職員の立場の難しさを分かち合っていました。
 
 午後からは、溝部一夫講師(「アクティブ・サポート・ネットワーク株式会社専任講師」、「介護福祉系コンサルティングWELL WAVE 代表」)に『書く・読む・活かすための記録~福祉職・介護職が活かせる記録研修~』と題して、講義を行っていただきました。
 グループワークも行いながら、記録の役割や書き方の基本、フォーマットなどについてじっくりと学ぶことができました。
 参加者のアンケートにも「今後の業務に活かしていきたい」、「より意識して記録を行おうと思った」、「自分の記録に足りない部分がわかった」等の感想が寄せられました。
 
 最後に、理事長を囲んでフリートークを行ったことで、現場で働く職員の生の声が理事長に届いたことでしょう。
 参加者は今回の研修で学んだことを、職場に帰って活かしてくれることと思います。
 
 次回の本部研修は、新しい取り組みである「特別研修」【10月15日(火)】です。高室成幸さん(ケアタウン総合研究所所長)を講師にお招きし、「CADL」について講義していただきます!
 
CADLとは・・・「文化的日常生活動作:Cultural activities of daily living」
         高室成幸氏が提唱する新しいアセスメント領域。
         これまで着目されてこなかった「生きがい、心地よさ、暮らし方」などに視点をおく。
 
中期経営計画について
先輩の体験発表
軍手に「滑り止め」があると作業しやすいですよね。福祉の仕事って、対象の方にこの「滑り止め」をつけてあげるようなことじゃないでしょうか。(体験発表より)
意見交換
溝部先生の講義
グループワークも真剣です!!
理事長を囲んで~愚痴でも不満でも聞きますよ。
社会福祉法人
山口県社会福祉事業団
〒753-8555
山口県山口市大手町9-6
ゆ~あいプラザ 山口県社会福祉会館
TEL:083-924-1025
FAX:083-924-1029

〇特別養護老人ホーム
・灘海園
・伊保庄園
・オアシスはぎ園
〇障害者支援施設
・たちばな園
・華南園
・華の浦
〇福祉型障害児入所施設
・はなのうら
・このみ園
〇児童心理治療施設
・山口県みほり学園
〇児童厚生施設
・山口県児童センター

0
4
6
0
5
9
TOPへ戻る