本文へ移動

伊保庄園トピックス

利用者のご家族からのお手紙

母は、終焉の地『伊保庄園』で過ごすことが出来て、本当に幸せでした。本人自身が生活にも馴染み、安心して過ごしている様子を見ながら家族としても安堵し幸せに感じておりました。

1年4ヶ月程度の長くも短くも感じる歳月でしたが、話のやり取りの中で、自分の家の様な感覚で、家族に「食べていけ」「休んでいけ」「またくりゃ(来ればいい)ええ」と述べる様子がありました。

亡くなる前日、ある書面に本人の名前をかいてもらい(最期の自筆)、楽しい会話をし、まろやかな笑顔と眼差しを送ってくれました。本人は、生前中「元気でポックリ逝く」ことを願い、信念ともしておりましたが、まさにその意思どおり、見事な生きざまでした。

伊保庄園での「外出;花見」の写真を拝見しながら、たまらなく嬉しそうな表情を見せている本人の姿を嬉しく思いました。丁度、家の周りは満開の桜や草木の花々が咲き誇っており、亡き母も我が家から花見をしたもの(したかったもの)と思います。
穏やかな表情は、まさに満足顔であり、本人の願う人生の締めくくりにふさわしいものでした。皆様本当に有難うございました。日々、健康にご留意され、公私共にご活躍ください。

(ご家族様から頂いたお手紙からの抜粋)

利用者様ご家族様からのお手紙②

 爽やかな秋晴れの好季節となりました。 伊保庄園皆様には、お変わりなく日々、入園者の方々のためご奮闘のことと存じます。
 
 さて、母が在園中は、皆様に大変お世話になりまして、ありがとうございました。心より厚く御礼申し上げます。
 入所させていただいた当分は、母の表情も厳しく、さぞ皆様にご苦労をおかけして・・・・・と心苦しく思っておりましたが、根気よく、やさしく接して下さいまして、徐々に穏やかな顔に変わり、感謝の言葉もありません。
 母にとっても何よりの幸せだったと存じます。ほんとうにありがとうございました。
 
 深く、厚く、心より御礼申し上げます。
 
 季節柄、皆様にはくれぐれも御身をお大事にお過ごし下さいますよう念じております。
 
 まずは乱筆にて失礼ながら、御礼まで                            かしこ
 
 令和2年10月5日
 特別養護老人ホーム伊保庄園 職員一同様

「伊保庄園トピックス」をインスタグラムに移行しました

これまでの「伊保庄園トピックス」をよりタイムリーな内容にするために、インスタグラムに移行することとしました。
 
 ご覧になるにはこちらをクリックしてください。
 


 

腰痛緩和の取組について

当園の事業計画に、介護職員の腰痛緩和に向けて、介護ロボット等の検討・導入を進めているところです。
この9月に、介護ロボット(分離ベッド)リショーネPLUSを5台導入しました。
骨折などのリスクの高い方、体の大きな方などの移乗動作を軽減できるとともに、介護する側される側が安心できる効果があります。
 
 
 ご覧になるにはこちらをクリックしてください。
 
 


 

新型コロナウィルスワクチン接種の様子

当園では、医師2名にご協力いただき、3回に分けて接種します。1回目は令和3年5月13日・20日・27日。2回目は6月3日・10日・17日に接種します。
利用者さんから接種前に「痛いんかね」と質問があり、心配される様子がありましたが、終わった後「ひとつも痛とうなかったよ」と安心されてました。

お菓子バイキング

10月15日 お菓子バイキングをしました。
抹茶ケーキ、ワッフル、お饅頭、キラキラ寒天ほか いかにも「美味しそう」なお菓子が勢揃い。「どれにしようかのぅ」と熟考される方が続出しました(笑)。

避難訓練の様子及び不審者対応訓練の様子

毎月 避難訓練を実施しています。

夏祭り 令和2年8月5日 8月6日開催

夏祭りでは、新型コロナウィルス感染症流行の影響を受け、利用者さんと職員で実施しました。お神輿は各棟を回り、利用者さんに喜んでいただきました。
カラオケ大会では、「私も歌います」といわれる方が続出しました。大盛況でした。
お楽しみ抽選会がありました。「私は毬藻が当たりました」と喜ばれる利用者さん。介護員と一緒に2週間に1度水をかえながら、大切に育ててくださいね。
カラオケ大会表彰式の様子です。皆さん上手でしたので、多くの方が表彰されました。
かき氷、クリームソーダゼリー、たこ焼き、ミニパンケーキなどの屋台が出店されました。「いい匂いがする」「美味しそうじゃのう」と言う声が飛び交いました。
できるだけ「密」を避けながらの夏祭りとなりました。来年はコロナウィルスのことなど気にしないで夏祭りを楽しみたいですね。

さんまを食べる会

さんまを食べる会を開催しました。

さんまを食べる会

焼いて美味しくいただきました。

クリスマス会 令和2年12月16日

クリスマスプレゼントです。
たくさん笑っていただきました。

節分豆撒き 令和3年2月2日

赤鬼と青鬼の黄金コンビが登場しました。
「いいですか、赤鬼が来たら思いっきり豆をぶつけてください」と職員がものすごく煽ってました。利用者さんみなさん楽しそうでした。

三世代巡回餅つき

毎年恒例の「三世代巡回餅つき」で伊保庄餅つき唄保存会の皆さんが来園されました
つきたてのお餅を利用者の皆さんにも丸めて貰いました。
昔取った杵柄、皆さんお上手でした。
 
0
0
0
1
6
7
8
1

特別養護老人ホーム
 伊保庄園
〒742-1352
山口県柳井市伊保庄1-2
TEL.0820-27-0840
FAX.0820-27-0841

1.特別養護老人ホーム
2.ショートステイ(短期入所)
3.伊保庄園居宅介護支援事業所

TOPへ戻る